自分自身がマイナスになっているにもかかわらず

どこにでもあるはじめたばかりの人向けのFX投資の雑誌では、「損失を被った状況ではナンピンをすることによって平均の価格をコントロールする」等と記述されている事もありますがそこには罠があります。年賀状 即日 当日

最初に、ナンピン買いのやり方に関して易しく記述しておきます。アコム

仮に1ドル=100円でドルを買ったとします。女の子 新生児 服

$(ドル)買いのため円安に向うほど黒字を得られますが運悪く1ドルが95円まで円高・ドル安が進んだとします。簿記 通信講座

この場合維持し続けたとしたら、損失が回復するまでには損失分、円安に動く必要があります。美容

皆さん、赤字はなるべく早く戻したいと思います。アコム

ここで最初にエントリーしたのと同じ量の$を、95円で取引します。アコム

これで、平均の買い付けコストは1ドル=97.50円まで抑える事が出来ます。ダイエットエステ口コミ|高度な技術を持つエステティシャンの有効な手技のお陰で充実したエステを受けることができます…。

結果として、半分の幅でドル高が進行すれば、赤字を失くすことが出来ます。キャッシング

これが、ナンピンの理論です。アコム

このように、ナンピン買いの方法を知ると、「確かに」という気分になるが市場は易々と思った通りにはなりません。

初めから、95円以下にならないとは誰一人として分かるわけがありません。

もし、相場がかなり強い円高基調だとすると、1ドル95円では下げ止まらずに、さらにドル安が進む危険性はあります。

たとえば、97.50円でナンピンを入れたにもかかわらず、95円まで円高ドル安になったら、ナンピンした分にもマイナスが生じることになってしまうのである。

この状況では、初めに買ったドルと全部で2倍の為替差損が生じます。

それゆえ、ナンピンは難解です。

ならば、為替相場が自分のストーリー展開とは逆の方向に進む場合、どんな手法でリスクを回避すればいいのでしょうか。

こういう時には取れる手段は2つあります。

ひとつは潔くポジションを閉じる事です。

ふたつめは現在、自分自身が所有している買いポジションを小さくする事によってもう一度外国為替市場が回復するのを待ち望むことです。

相当弱腰の対策だと考える方もいるだろう。

だけど、持っているポジションに為替差損が出た時最も有効な対策はこの2つ以外には考えられない。

勿論、理論上はナンピン買いをするという方法も有効です。

だがナンピンは、自分自身がマイナスになっているにもかかわらず、買いポジションを無くすどころか、逆に買いポジションを積み増していく対策です。

この方法では、危険を制御することなど到底無謀だと考えるべきです。

ナンピン買いをし続けられればその内利益を上げられるかもしれません。

だけど、そうなる先に投資資金が足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー