例えば普通車の場合一年で10000キロで線

愛車の見積査定のポイントとして重要性の高いひとつに走行距離などがあげれられます。

多くの場合走行距離イコールその車の消費期限とされるケースもありますので、実際の走行距離が長いとそれだけ査定では減点材料となります。

普通は走行距離だけで見れば短いほうが愛車の売却額は増えますが、実際のところあまり細かい判断基準は存在しなく決められた基準で査定されます。

これは現実に車を中古車買い取り専門業者で査定をする際も重要視される売却額査定の小さくない要点です。

例えば普通車の場合一年で10000キロで線を引いて10000kmを超えて走っているとマイナス査定の要因になるなどです。

軽自動車だと、年間で8000キロがまた年式が古いのに距離がとても少ない場合でも、査定額が高額になるというものでもありません。

本当にやってみたら良く感じられると思いますが、自動車は定期的に乗ってあげることによっても状態を維持することができるので、年数の割に走行距離が少ない中古車であれば、破損のリスクが大きいとみなされる場合もあります。

こういったことは自動車を手放す際も一緒です。

年式や走行距離に関しての売却額査定のポイントは保有年数にたいして適した走行距離になっているかという点です。

次に自動車の経過年数も、中古車査定の大きなポイントなのです。

しっかり分かっているんだというような人も多数と思っていますが、普通は年式については新しいほど査定には高評価が出やすいのですが例外としてその年式の車にプレミアが付いているブランドは、新しくない年式であっても高く見積してもらえる場合もあります。

同じ種類で同一の年式であっても、その年式の中でマイナーチェンジ、モデルチェンジがなされているものは、当然そのモデルによって査定は違います。

自動車の見積もりという場合でも様々なケースで車の評価は多少変化してきます。

コンテンツメニュー

    Link