「ここで勝負」とよく考えた外国為替市場の時には

実際にノートPCのディスプレイの前で、休むことなく上下している市場を見ていると、何やら注文をしたい衝動に影響される人も少なくないだろう。電話占いヴェルニ

だが、ぼんやりした思いで売買することは、決してしてはいけません。ライザップ 新宿三丁目店

ご存知の通り、マーケットは年中どういう時でもいずれかの市場がオープンしているし、マーケットも変動している。メールレディ 求人

とは言っても、闇雲に注文をしているとその分だけ損をする危険が上がります。インターネットでの車査定

確かにトレードの数を積む事でじょじょに儲けられる確率か半々になるのは周知の通りです。糖ダウン

でもこれは「漠然とした勘で取引」することとは別の問題です。http://www.joyspell.com/

注文回数を積むとは自分で「ここがチャンス」と思いついた感覚を得た状況でのエントリー回数を重ねるという事を意味します。マイクロダイエット

格段の理由がなく、絶え間なく売買をするのとは違います。

マーケットの戦いに敗北しないためにはメリハリをつけることこそが大切です。

「ここで勝負」とよく考えた外国為替市場の時には、いっそのことポジションを増やして、積極的に利益を追求します。

「明らかに頭をかかえる市場でどう上下するのか理解できないな」と思案した時は、観念してポジションを全部見切りをつけて放置します。

それぐらいのテンポでやった方が最終的に売買は勝てます。

外国為替相場の名言には「休むも相場」というものがあります。

本当に言葉どおりだと感じます。

為替取引とは売買ポジションを持つことが肝心な事ではなくどの売買ポジションも保有せず静観していることも事態によっては、外国為替相場です。

じゃあ、どういう時に休みどきなのでしょうか。

ひとつめは、前述したように、直近の外国為替相場がはっきりと見通しがきかない時ですこれから円高になるのか、それとも円安になるのかが決める事が出来ない時は何も考えず行動すると、自分の思い描いたストーリーとは逆に市場が変動してしまい損をする事になります。

こうした場面ではポジションを0にしてそのまま静観しているのが唯一出来る事です。

次に、己の健康状態があまりよくない時です。

体の状態と為替相場に影響ないと感じる方もいると思いますが案外つながりがあります。

体調が変な時は、外国為替市場の重要な状況で、必要な決定が難しくなります。

関心がわかない時はマーケットから離れる事も必要な事です。

コンテンツメニュー

    Link