普通は為替相場で

外国為替証拠金取引をやる良いところはたった一つの投資の商品であるにもかかわらず、資金投下の期間を短い・普通・長いの中でどの種類を選定するかということで出資の方策が変わる部分にあるのです。

第一には外国貨幣への投入の「長期」について考えよう。

長期投資というものは、一年以上の出資が前提とされています。

普通は為替相場で、一年以上も先の為替レートは円高と予測するか、円安なのかを予想するなんていうことは、多くは無謀です。

通常であれば「それほど後々の動向は予言できない」となるのが当然でしょう。

予測もできないことをがんばって推測しようと思ったところでそんなことは無駄な行為です。

したがって、他国の貨幣を買い、その時の価値よりも円高になったとしてもその損失分は少し経てば返ってくるだろうくらいの感じでやり取りに臨む必要があります。

為替の差益をアグレッシブに目指すよりも他の方法での収益つまりはスワップ金利で収益を上げるというのを、とりあえずのねらいにしてやってみましょう。

当然ですがちょっとの期間で為替変動の影響でマイナスがかなり膨らむこともあります。

そういったことから、そんな損が大きくても問題ないようレバレッジを少しに抑えることは重要です。

FXは、差損が一定金額よりも大きく更に拡大すると追加保証金を出さなければならなくなったり、ストップロス(ロスカット)を置くことになります。

ロスカットになってしまったら、すぐやり取りを清算することになり、長期トレードが厳しくなります。

この種のリスクを回避するためには、レバレッジ2?3倍に設定して売り買いするのが良いでしょう。

次に中期投資の場合のトレードです。

中期投資の場合は最長でも1?2ヶ月くらい先を見越しての売り買いをします。

為替売買においては、およそ1ヶ月先のことであればおおよそ予知可能でしょう。

先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)を始めとした国同士の議会であったり、為替取引に参加している人たちがどんな点に興味があるかを確認してみればほとんどの場合予知できると思います。

この経済の基礎的条件をチェックしながらなおチャートを参照することで、為替の動向を理解し買いポジションか売りポジションかを見極めるべきです。

基本的に、経済の状態とテクニカルのどちらでも良い状況でありあるいは買い傾向が同じ時はまずその通りに変動すると思って差し支えありません。

そのような時はポジションを増やすとより多いリターンを狙っていけるでしょう。

最後は短期のポイントです。

ここでいう短期スタンスというのはすなわちデイトレーディングを指しています。

為替相場でデイトレーディングを行う際経済の状態は決して関係しないと断言できます。

というのはあくる日の為替のレートの動向にファンダメンタルズは無関係だからです。

この場合の一番のコツは大きな催し物がある場合そのおかげで為替レートが大きく動くタイミングを逃さないようやり取りすることです。

例としてアメリカにて雇用の統計が公開されるないしは金利政策などで金利が変わるという行事。

このような大事な機会に変わり目を見逃してはいけないといった理由で、短期のトレードでは技術的な情報が求められる。

コンテンツメニュー

    Link