場合もあるし最近

お店で全てのクレジットカードが決済できるのでもない■クレジットカード会社の加盟店はだいたい、二、三以上のクレジットカードのブランドとライセンスを結んでいるんですが、全部の加盟店で一切の運営会社の契約カードが決済できるわけじゃありません。スピード買取.jp 東京

つまり昔ながらの店舗の場合だとJCBの入っているそのクレカしか決済できない場合もあるし最近できた加盟店舗だとVISAやマスターといった名前のものしか使用不可なときもあります。

ダイナースに類するクレジットカード会社なら、いっそう使用できない商店が増えるんじゃないでしょうか。

どの所有カードが使えるかをどこで見分けたらいいか「それじゃどうやって何のクレカが決済できるかを判断したら良いのか?」という質問ですが、本当のところを理解するとしたら該当店舗の店員に見せてみるのみ、というのが残念だけど正解。

でも大抵の売り場や料亭には目につきやすいところに決済可能なクレカ会社のブランドがプリントされている加盟ステッカーが掲載されている理由から「そうかここのショップはVISAカードが使えるのか」という感じでわかるようにされてるため確認しておいてほしいと思います。

とはいうものの、しっかりと加入管理が行き届いていないお店で使用する際には、ロゴステッカーが貼られている状況でも「今はそのクレジットカードは使えません」などの答えを受ける状況もないといえなくもなく、頭が真っ白になってしまうこともあるでしょう。

贅沢をいえば可能な限りは十分な数の加盟店でクレカが決済できるようにする目的で異なる会社(国外会社)がプリントされた一般的なVISAカード、マスターカードアメリカンエキスプレスカード、などのクレジットカードを複数使えるようにしておくようにしたほうがよいと思います(例として:ライフカードをすでに持っているならディスカバーカードがついているクレカを契約するなど)。

日本では、VISAカード、マスターカード、JCBの3つのマークが書いてあるクレジットカードをそれぞれ所持していれば返済状況に問題がない限り全国のカード決済可能店舗でなにがしかのカードを切るよう準備できていることになります。

クレジットカードをいつも財布に忍ばせて有効に節約を続けていくには、確実に万能に対応できるカードを作っておいていただくようお勧めします。

コンテンツメニュー

    Link