www.horrycountyliteracycouncil.org

今回は為替相場についての基本原因に関する説明です。為替の市場を簡潔に言うと「現金の送らないでもお金のやり取りの趣旨を果たす取引」を言います。為替とは国際の為替を指すという場合が普通です。外為とは国と国の通貨のやり取りをする事です。他国へ旅行(イギリス、台湾、マレーシア、アメリカ)などしたことがあるならば、間違いなく外国為替の体験があるはずです。どこかの銀行に行って他の国のマネーに両替するならばそれがまさに国際の為替です。為替相場を簡潔にいうと買い手と売る側の値段を示したものです。銀行同士の間での取引の末に決まってくるものです。その銀行がマーケットメイカーと俗にいわれる指定の銀行なのです。為替レートは様々な影響を受けてもなお休まずに変化して行きます。為替レートを変動させて行く要因はファンダメンタルズというのが挙げられます。ファンダメンタルズとは何かと言うと、経済状況、経済の基礎的条件とか様々な要素のことを表すものです。それぞれの国の経済の上昇や経済指数、物価、国際収支、有力者の言葉など複数のものが関係して為替相場は変動するのです。ことさら貿易収支や無就業者数は肝心なところと思われます。国際収支とは、日本でいうと財務省からの委任で日本銀行が通関統計をベースとして集計した他の国との任意の期間の経済の取引を書いたものです。これは中央省庁や中央銀行のHP等で見ることができます。就職者の統計、失業率も影響する要因であると言われます。とりわけ米国雇用者の統計はポイントとなります。月に一回提示され調査のターゲットが広範囲な点が大事なところです。為替の相場の状況は国の経済の変化を示しているのです。国の経済の動きを検証することで為替の相場の状況予想ができるようになると言うことです。

コンテンツメニュー