www.horrycountyliteracycouncil.org

ありふれたはじめたばかりの人向けの外国為替証拠金取引の書籍では「差損が生じた時はナンピン買いでポジションのコストを下げることができる」などと書かれていますが実際はそこには隠れたリスクが隠れています。はじめに、ナンピン買いのやり方についてごく簡単に記述しておきます。ひとつの例として100円で1ドルを買ったとします。ドル買いということで、円安に向うほど儲けが出ますが、不幸にして1ドルが95円まで円高・ドル安方向に進んだとします。その状況で維持し続けたとしたら、プラスになるためには、円高になった分、円安に動かなければなりません。投資家であれば、損失はなるべく早く戻したいと願うでしょう。これを解決するため最初に取引したのと同じ分のドルを、買い増します。すると、ポジションのコストは1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。結果として、2円50銭の幅で円安ドル高に進めば損失を回復できます。こういったことがナンピン買いの手法です。このように、ナンピン買いのやり方を理解すると「まちがいない」と考えるが、マーケットはそう容易には上手くはいきません。そもそも、95円より下がらないとは誰も想像できません。仮定として、市場がかなりの円高トレンドだとしたら95円では下げ止まることなく、更に一段のドル安になるリスクが高くなります。ひとつの例として、97.50円でナンピン買いをした時に、1ドル95円まで円高が速んだら、ナンピン買いを入れたポジションも、赤字が生じます。こういう状態では最初に注文したドルとトータルで二重の損失が生じる事になります。この例のように、ナンピンは難解です。それなら、市場が自分自身のストーリー展開とは反対の方向にみるみる行ってしまった場合どんな術で危険性を回避すればいいのでしょうか。こういう状態で選択する方法は多くはありません。ひとつめは潔くあきらめて、ポジションを閉じる事です。もうひとつの選択肢としては、その時に、あなたが保持しているポジションを減らす事で再び相場が回復するのを大人しく待つことだけです。少し控えめな術だと考える方もいるだろう。だけど、持っている買いポジションに為替差損が生じた時、最も適切な対策はこれ以外には考えられない。勿論、理屈の上ではナンピン買いを入れるという対策もありえます。しかしナンピンはあなた自身が損をしている状態で、買いポジションを縮小するどころかそれとは反対に買いポジションを積んでいく方法です。これでは、危機を削減することなどどこをどうやっても可能ではないと思ったほうかいいだろう。ナンピンをしていけばいつかは勝てるかもしれない。しかし、その前に投資資金が足りなくなってしまいます。

コンテンツメニュー