www.horrycountyliteracycouncil.org

外国為替証拠金取引(FX)に関しての魅力は、単一の投資の商品であるのに、お金を掛ける期間を短い・普通・長いという3つの期間からどの種類を選択するのかということで、資金を費やすやり方がまるっきり変わるということにあるのです。まずは外国貨幣への投入の「長い時間をかけるスタンス」について考えよう。長期というのは一年以上の長期の出資を基本としているのが普通です。一般的に為替レートにおいては一年も先々のレートが円高と予想するか、もしくは円安だろうかを考えるなんていうことはほとんどの場合困難に近いです。普通の人は、「それほど後の変動は予知できない」となるのが当たり前だからです。予言もできないのに頭を使って予言しようとも、無理なことです。そういったことから外貨を買って、その時点での価値よりも円が高めになっていても、その差損分はしばらく経てば戻ってくるという程度の気持ちで売買に取り組むことが大事です。儲けをアグレッシブに追いかけることに限らず、その他の差益つまりスワップ金利(異なる通貨間の金利格差)で儲けるというのを、とりあえずのねらいと決めて出資しましょう。当たり前ですが短期で為替変動の為のマイナスがたくさんなることがあります。このためそういった損失に影響の少ないよう、レバレッジ(元の資産より大きなポジションを取る事)をなるべく少なめにやり取りするのが大切です。外国為替証拠金取引(FX)は、為替差損が一定額を超えて増えてしまうと追い証(追加保証金)が必要になったりあるいはロスカットがかかったりします。ストップロスになったらその時点でやり取りを終わりにする必要があり、長期の投資がストップしてしまいます。このような危険を回避するためには、レバレッジ2?3倍でやり取りするのが安心かと思います。次に中期のスタンスでのトレードを説明します。中期投資では、長くても2ヶ月くらい経った頃を想定しての取引となります。為替のトレードの際は、1ヶ月後のことはおおかた予測しやすいなケースが多いでしょう。先進7カ国蔵相・中央銀行総裁会議(G7)のようなミーティングの議題や、市場参加者がどんな内容に関心を持っているかを見てみれば、だいたい、見当がつくはずです。上記のように経済の状態を見ながらなお、グラフを参照することで、為替相場の動向をわかるようになり、売買をジャッジするといいと思います。基本的に、ファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)とテクニカルの両面で良い方向でありあるいはどちらも買い傾向が同様の時は、おおよそその様に動くと思って良いのです。そうしたら持ち高を増やせばより一層多いリターンを受け取れるのです。3つ目に短期スタンスのポイントです。ここでいう短期のスタンスが指しているのは、いわゆる日計り取引を示しています。為替相場でデイトレードを行うにあたり、ファンダメンタルズはまるっきり影響がないと断言していいです。というのも次の日の為替の相場の変動にファンダメンタルズ(経済の基礎的条件)は関連がないからです。ここで、最大の狙いどころは大きな行事がある際それによって為替レートが大幅に変化するチャンスを見過ごさないようトレードすることです。例を挙げると、米国で雇用者の統計が出される、または金融政策決定会合等によって制作金利が動くくらいの出来事。こんな絶好のチャンスに変わり目をものにするといった意味合いから、短期スタンスは専門的な要素が必要になる。

コンテンツメニュー